気になるワードの〈経験知〉をログするブログ
【オンラインとは】そのメリットとデメリットについて(後編)

【オンラインとは】そのメリットとデメリットについて(後編)

2020/05/20
〈オン〉ライン

この記事ではオンラインのデメリットについての解説になります。

オンラインには、まだ少し抵抗があったり不信感がある。

オンラインが普及し、その利用が当たりまえになったとは言え、少なからず抵抗や不安を感じる時があります。

その不安の元となるデメリットを理解する事できちんと利用できるよう、まとめて行きますね。

但し今回発信する情報には、賛否両論の意見も含まれるので、執筆者個人の考として参考にしていただければ幸いです。



オンラインのデメリットについて
オンラインのメリットに関する記事は本文最終のリンクで移動願います。

ポイント

オンラインをきちんと利用するために知っておきたい事柄

  1. ルールやマナーに挑戦!
  1. 存在する4つのデメリットについて。
  1. 利用するためのコツ。

ここでの〈経験知〉は、

オンラインのデメリットを知って、きちんと活用することができる。

さっそく行ってみよう!

1.ルールやマナーに挑戦!どれだけルールやマナーを守れていますか?

オンライン上のサービスを利用する際に気を付けている事柄を挙げてみたいと思います。

ルールやマナーで気を付けている事柄

  • 相手を尊重し思いやる。
  • 他人の所有物を無断で利用しない。
  • 間違ってしまった場合、その非を素直に認める。
  • キケンに関する知識を学ぶ。
  • 自分の発言・発信には責任を持つ。

もう少し気を付けている事柄があるような気もしますが基本はこの5つになります。ここに挙げた5つ、オフライン上の生活ルールやマナーも同じです。

ですがオフラインの世界と異なるオンラインには必ず知っておきたい違いがあります。その違いを次の項目で説明して行きますね。

ここで、ご紹介

オンライン上のサービス利用に必要不可欠となる、インターネット利用に関するルールやマナーのテストに無料でチャレンジできる外部サイトがあるのでご紹介します。

僕も実際にビジネス版にチャレンジしてみましたが合格できませんでした。ルールやコンプライアンスに関する正解率が低いようです。

2.存在する4つのデメリットについて

オンラインとオフラインの大きな違いの理由は以下の4つになります。

  • 文字によるコミュニケーションを匿名で行う点
  • デジタルでつながっている点
  • 通信インフラ、サービスがないとつながらない点
  • 共感や感動でつながる点

上記4つについて解説して行きますね。

文字によるコミュニケーションを匿名で行う点

簡単に説明してしまうと、文字情報をコンピュータに記録して、その記録を呼び出して見る。もしくは本がコンピュータに置き換わった。という説明が適当です。

適当な説明よりもじっくり知りたい方は、ぜひ関連ミニ記事を参照してくださいね。

オンラインとオフラインの大きな違いと言えば、  文字によるコミュニケーションを匿名で行う点になります。最近では音声や映像などによるコンテンツ(直訳すると情報の中身)も普及してきたとは言え、まだその大半は文字になります。文字と匿名性については、このブログを読んでくださっている時点で、知っている事柄だと思うので、別の視点か…

オンライン上の記憶領域に、誰もが文字を書き込め、その記録を多くの人と共有できる点がルールやマナーの欠如でデメリットになります。

デジタルでつながっている点

オンラインでの関係性は簡単に消えてしまいます。

コンピュータの記録が電気的に行われていることに起因します。 オフラインの世界はアナログでゼロと1の間に必ず記憶が残ります。一方オンラインの世界はデジタルでゼロと1の間に記憶が存在しません。 この記憶の説明は時間と場所の移動をイメージする分かりやすいと思います。オンライン上ではオンにすれば直ちに現れ(つながる)、オフにす…

この事象をメリットと取るかデメリットと取るかは、その状況や利用する人次第のようにも思いますが、僕個人の意見としては人が感情に左右される点においてデメリットに感じます。

通信インフラがないとつながらない点

デジタルでつながっている点と関係してくる内容にもなりますが、オンラインでのつながりは通信インフラがないと接続できません。

あたり前に思われるかも知れませんが、例えば会話中、電波の状況や停電なので急に通信インフラが切れてしまうことも多々あります。このような状況を想定する必要性があります。

共感や感動でつながる点

オンラインにはフォロワー数、たくさんのイイネ、高難易度のコンテンツをクリアーしレベルアップできる。こうしたオフラインでは得られない報酬がたくさん存在します

共感や感動に自分からアクセスできる点がデメリットになる場合があります。  最近ではあまり耳にしなくなりましたがアキバ族やオタク、サブカルという言葉を聞いた事が有ると思います。 その文化自体は尊重するべき1つの独自性で僕自身もその文化に憧れる一人ですが、人はほかの誰かが存在しないと生きては行けない根底があり、その根底をオ…

このようにオンライン上のサービスはとても魅力的に作られており、そこに共感や感動を可視化、共有できる仕組みが加わることで、その依存度がとても高くなってしまいます。

ポイント

オンラインに存在する4つのデメリットについて

  • オンライン上の記録がルールやマナーの欠如でデメリットになる。
  • オンラインでの関係性は簡単に消えてしまう。
  • 通信インフラが切れてしまう事もある。
  • オンラインの世界は魅力的に作られているため依存度が高くなる。

3.利用するためのコツ

4つのデメリットに関して解説してきましたが、ここからはそのデメリットに対してどのように対処して行けばよいか、僕なりの実践を解説して行きたいと思います。

ほとんどの方は理解されていると思いますが、再認識の意味も込めて読んでいただければ有難いです。

ポイントは以下の3つです。

  • 挨拶、謝罪、発言が重要。
  • オフラインとの区別。
  • 規則や規約を確認する。

挨拶、謝罪、言葉使いがとても重要。

とくに細かな説明は必要ないと思いますが、やはり気を付けておきたい点は、誤解を生じやすい点。

悪気がないコメントであっても、文字だと細かな気持ちがうまく伝わらないこともあります。その結果、相手を傷付けることもありえます。

挨拶は自分から、相手を否定せずに聞く姿勢、素直な謝罪がオンラインを利用する上でも潤滑剤になります。

オフラインとの区別。

公私混同した投稿や、個人情報に関わる内容を容易に聞いたり、話したりしないよう配慮がとても重要になります。また自宅や職場に居ながら参加できるオンラインでは相手の存在を忘れたり、ひとりよがりになってしまうケースも少なくなりません。

オンラインでのつながりは、気軽に参加し簡単に終わることが出来ることから、その時々の一回一回のやり取りを大切にすることが重要となります。

規則や規約を確認する。

オンラインの利用には通信インフラ・サービスを通じて利用を行っています。

規則や規約を逸脱した行為により、アカウント停止や最悪削除もあり得ます。なので、その通信インフラやサービスに関する規則や規約を確認することが大切です。

まとめ

ここまで、デメリットについて解説してきましたがオンライン上の、その向こう側には感情を持つ相手が存在します。

ここまでの内容をおさらい。

日常と同じ、ルールやマナーを尊重する

オンラインには4つのデメリットがある

  • オンライン上の記録がルールやマナーの欠如でデメリットになってしまう点。
  • 関係性が簡単に消えてしまう点。
  • 通信インフラが切れてしまう事もある点。
  • オンラインの世界は魅力的に作られているため依存度が高くなる点。

利用するためのコツ

  • 挨拶は自分から、相手を否定せずに聞く姿勢、素直な謝罪がオンラインを利用する上でも潤滑剤になる。
  • 気軽に参加し簡単に終わることが出来ることから、その時々のやり取りを大切にする。
  • 通信インフラ。サービスに関する規則や規約を確認する。

文字が主体のコミュニケーションだからこそ、ほんの些細な言葉の違いで行き違いが生じる可能性が高いので、やはり冒頭の日常と変わらないルールやマナーがとても重要です。

最後まで読んでいただき有難うございました。

あたり前な事柄ばかりの情報になってしまいましたが、再認識を兼ねてお役に立てれば幸いです。

【オンラインとは】そのメリットとデメリットについて(前編)
この記事ではオンラインのメリットについての解説になります。 …
ヒヨハ

ヒヨハ

小さな会社のシステムエンジニア

考える事が好きな人。自称、国内散策家。製造業の機械設計担当からIT担当に抜擢。依頼、機械設計もできる社内システムエンジニアとして働く、こと10年以上。その間、色々なITに関連する仕組みやサービス、アイディアを発掘、その仕組みや効果、使い方などを社内で働く方々に、わかりやすく説明。業者さんとも協力しながら導入。今までと、これからの経験知に趣味などを交えながらWEBログを残すことで、皆様の生活にほんの僅かでも、お役に立てられるよう配信して行きたいと思います。

Scroll Up