気になるワードの〈経験知〉をログするブログ
【オンラインとは】そのメリットとデメリットについて(前編)

【オンラインとは】そのメリットとデメリットについて(前編)

2020/05/14
〈オン〉ライン

この記事ではオンラインのメリットについての解説になります。

突然ですが、オンラインを実感したことが有りますか?

僕はオンラインが世の中にまだ浸透していない頃から、ゲームコンテンツを通じて、その世界を実感しました。

ゲームのタイトルはファイナルファンタジー11。スクエア初のオンラインMMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)で、この記事を作成している今でもサービスが継続されています。

ですが今回はゲームについての話ではなく、

オンラインについての メリットとデメリット を少し時間を遡って解説して行きたいと思います。今更?と思うかも知れませんが、今だからこそ。

これから更に大きく発展していくオンラインの世界、その長所や利点、欠点を再認識できるよう解説して行きたいと思います。

なんとなく分かっていたり、あまり意識せずに利用されている人にも必見です。

長くなるので2部構成で行きたいと思います。

ページ最後に試験的ですが読み上げ機能もあるので、併せて活用してみてください。ただし音量には注意してくださいね。では、まず始めはメリットから。



オンラインのメリットについて
オンラインのデメリット関する記事は本文最終のリンクで移動願います。

ポイント

このページのポイントは以下の3つです。

  1. オンライン、その言葉の意味を分かりやすく解説
  1. オンラインのワクワクするようなメリットとは?
  1. オンラインのこれから(AI、VR、AR、MR、IoTを少し解説)

上記のポイントを知ることで得られる〈経験知〉は

オンラインの可能性を今よりも、少しだけ実感できる

数年前とは比べ物にならないくらいにオンラインは変化しました。そして、これから更なる技術革新が進み、その世界はますます多様化して行くと思います。

なので少しでも読んでくれる人の、知識の幅が広がるよう解説して行きたいと思うので、最後までお付き合いしていただければ嬉しいです。

では、さっそく行ってみよう!

1、オンラインを再認識。オンラインとオフラインを区別する

オンラインについて深く知ろうとする人は少ないと思いますが、ここでは技術的な事やセキュリティに関する言葉などで説明せずに抽象的になるべくわかりやすく解説したいと思います。

すでにオンラインを実感している人には、あたり前な話になるので読み飛ばしてもらっても大丈夫です。

言葉についての話。

僕の持っているイメージについての話になりますが、ひと昔前はオンラインと言えばサブカルチャーという印象が強く、別世界のような感覚を持たれている人の方が多数派を占めていたと思います。

ですがこうした印象も、インターネットに簡単に接続できる今ではすっかり薄れてきました。

同時に、初めて触れた時に実感したワクワク感も同じように薄れてきたように感じます。

その実感を再認識するためにも、まずはオンラインという言葉がどの様に生まれたのか?独自の分析を行いって行きたいと思います。

たまに耳にする、勉強中や仕事はON〈オン〉・休憩や休日はOFF〈オフ〉という表現を皆さんは聞いたことがあるでしょか?

どちらかと言えば社会に出てからのほうが、聞く機会が多いかもしれません。

この〈オン〉と〈オフ〉は本来、電気の流れを切り替える際に用いられる〈スイッチ〉の入り切りを表現する単語ですが、その様子を人の行動や生活環境に置き換えた例えになります。人間自身も微弱な電気が流れて動いているのでスイッチの例えには関連性が有りますね。

そこにラインという〈つながる〉意味を持つ単語が加わって《オンライン》という言葉となり、人がネットワークやインターネットに接続した状態に利用されていますが、厳密には人がインターネットを利用してそこにあるサービスやコンテンツに接続、もしくはログインしている状態を表す際に利用されます。

イメージ図解。

文章にすると、少しややこしいオンラインも人を〈点〉、インターネットを〈線〉と置き換えて点と線がつながるイメージを持てば簡単に把握できます。

一方オンラインの反対語はオフラインと呼ばれます。しかしこの言葉を利用している人は少ないですね。

よくオンラインゲーム上の人々はオフラインでの出来事を説明する際に「リアル」と表現しています。

オフラインとはインターネットに接続されていない、学校や会社に出かけたり買い物に出かけたりする、普段の日常を表現した言葉になります。図解で表すと点がそれぞれ〈色の異なる枠(地方、地域/リージョン)〉に囲まれているイメージになります。

このように、オンラインとオフラインを図解すると、その違いも含め簡単に捉えられます。

ポイント

オンラインとオフラインをイメージとして捉える

  • オンラインは点と線でつながっている。
  • オフラインは色の異なる枠で囲われていて、点と線がつながっていない。

次の項目では、オンラインのメリットについて具体的に説明してい行きたいと思います。

2、メリットとは。時間を巻き戻して見落としがちなワクワクを再確認

オンラインのメリットを解説する前に、僕がオンラインの可能性を感じた時のCMをご紹介。

Google Chromeの有名なCMです。

もうかなり以前に放送されたCMなので、久しぶりに目にする人も多いかもしれません。

ちなみにここで歌われている曲は〈Tell Your World〉、今でも色褪せないですね。

僕も大好きな曲です。

このCMに登場する、初音ミクさんというキャラクターはボーカロイドという技術で、様々な人が作詞作曲した歌を歌うことができます。

ボーカロイドってなに?という人向けに分かりやすい解説を引用しておきますね。

メロディー(音階)と歌詞を入力するだけで、人間の声を元にした歌声を合成することができる技術およびその応用ソフトウェアのことです。歌声の合成には、実際の歌手の声から抽出した歌声のデータを使います。歌声データには「初音ミク」「がくっぽいど」等のさまざまな「VOCALOIDの歌声(ライブラリ)」があります。

ニコニコのボーカロイド音楽ポータルより引用

このCMを簡単に図解すると以下のようなイメージになります。

オンライン上の仮想空間に存在する、初音ミクさんというバーチャルシンガーに、魅力を感じたクリエーターさん達の手によって作成された音楽や歌詞、イラストや振付などのコンテンツ(直訳すると情報の中身)によりプロデュース。

Youtubeボタンリンクを張っておきますので、気になる方は是非視聴してみてください。

次第に魅力あるキャラクターへ変化して行き、その魅力はやがて世界に広がっていく所でCMは終了。

60秒と短い時間ですが、オンラインの素晴らしさがとても分かり易く魅力的に表現されており、当時このCMに釘付けでした。

またこうして視聴しても同じ気持ちが戻ってきますね。

この頃はまだオンラインという言葉もあまり普及していない時期です。

それと同時に企業間や地域、国家といった枠組みを超えて、同じ趣味やテーマに魅力を感じた人同士が集る事が困難な時代でもありました。しかしオンラインが身近になることで、

趣味や価値観を通じて共感や感動に自分からアクセスできる世界が広がりました。

オフラインでは実現する事が難しいような協力や共同作業が行えたり、知り合えることが出来ないような、遠く離れた場所に住む人たちとも共通の何かを通じて知り合うこともできます。

同時期にIT分野でもオープン化という言葉もよく耳にするようにもなりました。

ポイント

オンラインのメリットとは?

  • 趣味や価値観を発信し共有できる。
  • より身近に共感や感動に自分からアクセスできる

3、オンラインの未来について。

ここではオンラインに関係する未来について、少しだけ触れておこうと思います。

人工知能 AI(Artificial Intelligence)

AIを搭載したシステムやサービスを徐々に目にするようになりました。

AIはすでにニュースでも大きく取り上げられており話題になっていますね。 AIは今後、オンラインやオフラインに大きく影響を及ぼして行きます。 例えば、一般的に知られている「AIが人に代わって仕事を肩代わりするといった内容」以外にも「ソーシャルエンジニアリングの手法にAIが取り入れられる危険性」など、近年話題い上がっていま…

仮想現実 VR(Virtual reality)

VRといえば第二世代フルダイブ型VRマシンやサマーウォーズのOZを連想しますね。

VRはAIより少し前あたりからニュースで話題なっていますね。 ゲームの世界ではよく聞くワードです。 ソードアートオンライン(SAO)というアニメでも有名ですね。影響を受けた人も多いと思います。 今後技術が発展することでオンラインの仮想空間で飲み会は行われないかも知れませんが、SAOのような冒険はもとより、旅行や遊園地、…

拡張現実 AR(Augmented Reality)

ARは宇宙開発や建築産業、医療などの産業分野で注目されています。

ARはVRとは逆のアプローチになります。 この技術を利用したゲームとして有名なのがポケモンGOやドラクエウォークです。 その技術が応用されると、例えば複雑な機械の組み立てを行う際に通常マニュアルを使用します。そのマニュアルを眼鏡型ウェラブルデバイス用のコンテンツにすることで、完成イメージや手順要領を透過表示(レイヤ表示…

複合現実 MR(Mixed Reality)

MRは仮想どこでもドアを想像するとイメージしやすいと思います。

MRは3Dスキャナーを返してVRとARを双方向利用し現実をリアルタイムに描写します。 ドラえもんの「ドコでもドアに近い事が実際可能になります。ひと昔前にKinect(キネクト)という空間認識スキャナーがマイクロソフトから発売されました。 知っている方もいるかもしれませんが、今そのキネクトがHoloLens 2へ大きく進…

ものインターネット IoT(Internet of Things)

人以外にモノがインターネットに接続し小さな情報配信を行う時代になりました。

IoT = 産業部品や家電製品などのモノがインターネットに接続します。 最近ではドローンを利用した物資、荷物の配達も話題になっており、日本でも震災後に試験的な運用が行われ話題になりましたね。 ドローン以外にも重さを計測する秤やエアコンやポットなどもインターネットに参加し、やがてAIを通じてその情報がオンラインやオフライ…

メリットに関するまとめ

ここまでオンラインのメリットについて僕なりの解説を行って来ましたが、普及当初から比べるとここ数年で急速に拡大し、趣味や価値観による新しい文化や経済活動が次々と生まれて来たことを再認識します。

ここまでの内容をおさらい。

今や当たり前になって来たオンラインを線と点の単純な図解でイメージ

オンラインの忘れがちなワクワク

  • 趣味や価値観を発信し共有
  • より身近に共感や感動に自分からアクセスできる

オンラインの未来はAIやVR、AR、MRなどの新たな技術によりさらに加速、IoTで暮らしがさらに便利に。

ですが、どんなに変化したとしても感動や共感といった人の持つ感情は、いつの時代にも希望を与えてくれると思います。

その希望を願うのならば常に学び、チャレンジを行う必要性があると感じます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

【オンラインとは】そのメリットとデメリットについて(後編)
この記事ではオンラインのデメリットについての解説になります。 …
Scroll Up