新聞記事

光るスマホが本日発売!

今日の気づきは「光るスマホが本日発売!」です。

今日は以下の記事からの気づきです。
光るスマホを日本投入 英ナッシング、背面にLED900個:日本経済新聞

本記事を要約すると、英国の新興メーカー、ナッシングが本日光るスマホを発売開始する、と報じています。

光るスマホの特徴

機種名は「Nothing Phone(1)」、価格は8+128GBの物は63,800円、12+256GBの物は79,800円となり、所謂中価格帯です。

背面が透明で非常にインパクトがあり、974個のLEDで光り、スペックも様々なレビューサイトで、この価格にしては良いという評判です。

基本ソフト(OS)には米グーグルの「アンドロイド」を基にナッシングが独自開発した「ナッシングOS」を搭載しています。

色は白と黒の2種類だそうです。

(図はニュースサイトより)

開発の経緯

7月のメディア向け説明会でカール・ペイCEOは「最近のスマホは表面しか使われていない。デッドスペース(背面)でどうやって面白くできるかを考えた」と話しました。

彼はソニーからインスピレーションを受けたそうで、Nothing Technologyが目指すのはソニーのように「Nothingのロゴを見なくても(Nothingのものだと)わかる」プロダクトとだそうです。

また任天堂についても「スペックや3D性能などだけでなく、任天堂は“楽しさ”や“経験”、“人間同士のやり取り”を追求している」と続けた同氏は、「我々も、優れたスペックを持っているだけでなく、楽しさや面白さ、人の温かみを感じられるプロダクトを提供したい」と語ったそうです。

(図はケータイwatchというサイトより)

最後に

私個人的に、スマホ市場はスペックで勝負する時代が終わりを迎え、大抵のスマホで大体の作業は事足りる時代だと感じています。

そんな中、カール・ペイCEOが目を付けたのは背面を光らせるという発想で、ソニーや任天堂について研究し、カッコイイ、Nothingのものだとすぐわかる、感動を届けられるデザインを実現しました。

デザインだけでなく価格もスペックの割に安いそうで、アイデアの質やオリジナリティ、発売タイミングは非常に良いと気づきました。

私も成熟してきた市場でもこういうプロダクトならニーズがあるのではないか、と分かるように、そういった目を養っていきたいと思いました。

以上、今日の気づきは「光るスマホが本日発売!」でした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

(アイキャッチ画像はPR TIMESより)

ABOUT ME
まさひろ
20代会社員のまさひろです。 相手から必要とされるビジネスマン目指し、 毎日気づいたことを書き綴っていきます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA